知ってた?顔のうぶ毛ってくすみや顔色悪く見える

広範囲の顔の産毛はくすんで見える原因にも

顔の広い範囲にわたって産毛があると、毛のせいでファンデーションが肌にピッタリと密着しにくくなりますので、メイクののりが悪くなります。また、ファンデーションがピッタリと密着しないために、メイクが落ちやすくなります。
しかし、顔の産毛があるデメリットはそれだけでありません。産毛のために顔がくすんで見えることもあるのです。

よく顔脱毛した人が「肌がワントーン明るくなった」といいますが、それは顔の産毛が処理されることで、それまでくすんで見えていた肌が透明感のある明るい肌に見えるようになるからです。
ですから、美白に力を入れるよりも、顔脱毛した方がずっと美白効果があるということも少なくありません。もし、顔がくすんで見えるという人は、まずは産毛の処理をしてみてみるといいかもしれません。

男性ホルモンのせいで太いヒゲが生える女性も

女性の毛の濃さにも影響を与える男性ホルモンですが、中には男性ホルモンのせいで太いヒゲが生えてしまったという女性もいます。

ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンの分泌が優位になる原因としてはストレスがありますが、他にも次のような原因が挙げられます。

◆睡眠不足
◆偏った食生活
◆ダイエット
◆喫煙
◆冷え性

睡眠不足や冷えなどは自律神経が乱れる原因となります。自律神経が乱れると、ホルモンバランスの乱れにつながりますので、男性ホルモンの分泌を促進しやすいのです。
また、ダイエットなどでカラダに必要な栄養素が十分に摂れなかったり、偏った食生活を送ったりしていると、女性ホルモンの分泌量が低下してしまうことがあります。喫煙も同様です。そのため、男性ホルモンが優位になり、太いヒゲが生える原因となってしまうのです。

では、太いヒゲが生えてしまった場合、どのような対策を取ればよいのでしょうか?

ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが優位の状態になったためにヒゲが生えてしまったのですから、ホルモンバランスを整えて女性ホルモンを優位の状態にするようにしましょう。具体的には、次のことを心がけてみてください。

◆早めの就寝(夜10~12時の間には寝る)
◆バランスの取れた食生活
◆大豆イソフラボンが含まれた豆乳や大豆製品を摂る
◆ストレスを溜めない
◆湯船に浸かるなどしてカラダを温める

これらのことを意識して行うと、徐々に改善がみられるはずです。

顔の肌はなぜデリケートといわれるのか

よく顔の肌はカラダの他の部位と比べてデリケートといわれますが、その理由をご存じですか?

顔の肌がデリケートといわれる理由は、他の部位と比べて角質層が薄いからです。角質層というのは肌表面の層のことです。肌は3つの部分から成っています。一番奥が『皮下組織』、そしてその手前が『真皮』、一番表面にあるのが『表皮』です。表皮の役割は、内部の水分が蒸発しないように乾燥などから肌を守ること、そしてホコリや紫外線など外部からの刺激からも肌を保護することです。表皮はさらに幾つもの層で成っていますが、全体の厚さは約0.2mm程度といわれています。

この表皮の一番外側の部分が角質層です。この部分が薄いために、顔の肌はデリケートといわれています。実際に、顔の肌は他の部位と比べて肌トラブルが起きやすく、かぶれたり、炎症が起きたり、シミになったりしやすいですよね。
ですから、顔毛が気になる場合は、お手入れ方法に気を付けなければなりません。

処理は電気フェイスシェーバーが肌にやさしい

ムダ毛の処理の方法には、カミソリや毛抜き、脱毛テープ、除毛クリームなど、いろんな方法があります。
顔の肌はデリケートですから、他の部位では問題がなかったお手入れ方法でも肌トラブルの原因となることが少なくありません。

デリケートな顔の部分のムダ毛を処理する場合は、電気フェイスシェーバーがオススメです。カミソリだと肌表面に目に見えない傷をたくさん付けてしまいますが、電気フェイスシェーバーはデリケートな肌に負担にならないように研究・開発されています。ですから、肌への負担がとても軽いんです。

もちろん、シェーバーでのお手入れ後は、しっかりと保湿をして肌を乾燥から守ってくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *